近年のデリヘルは下火!?リアルな「今」の風俗事情

近年のデリヘルは下火!?リアルな「今」の風俗事情

2000年頃の風俗といえば、繁華街の風俗店にはお客様の行列が出来ることが多々あり、女性に関しては「風俗をすれば稼げる」というのが当たり前でした。
人気嬢ともなろうものなら月に大ウン00枚持って帰ることもあったほどです。
そして今現在、そんな現象ははるか昔の話のように聞こえてくるような状況です。
デリヘル(風俗業)の現在はどうなっているのか?
今回の記事では、その答えにわたくしが個人的な見解を述べていきます。

 

・風俗業の「今」と「昔」の違い

昔は女性ならば誰でも稼げる職業が風俗業でした。
しかし今現在となっては、その理屈は当てはまらないのが現状なのをご存じでしょうか?
今の風俗業は率直に言うと「稼げる人は稼げて、稼げない人は稼げない」という状況なのです。
なぜそのような時代になったのでしょうか。
その理由は景気の問題や若年層の精力低下なども影響していますが、その中でも一番の理由は「需要と供給のバランスが崩れた」ことが原因なのです。
どういうことかと言いますと、昔はお客様10人に対して女性キャストが5人という状態だったとしたら、今はお客様5人に対して女性キャストが10人という真逆の状態となっているのです。(この数字は例えの乱数です)
つまり昔は需要(お客様)に対して供給(女性キャスト)が追い付いていなかったのですが、今は需要以上の供給があるということなのです。
結果お茶を引く女性キャストが多くなって「今の風俗は稼げない」というネガティブな発言が多くなったのです。

 

・風俗をやる意味が無いのでは

となると、稼げないならわざわざ風俗業をやる必要は無いのではないかということになりそうですが、それがそうでもないのです。
先ほども述べたように、その不利な状況でも稼げる人は稼げるのです。
少なくなったとはいえ、風俗を利用するお客様が全くいなくなったわけではありませんので十分稼ぐことは可能なのです。
ではどうやって稼ぐのか?
それは案外簡単なことなのです。

 

・正しいサービスを提供する

当店デリヘルを含む風俗業は大前提に「接客業」なのです。
デリヘルや他風俗を利用するお客様が皆「性的欲求を満たす」為だけに利用しているわけではありません。
お客様は同時に「疑似恋愛」を楽しみに来ているのです。
つまり、一緒にいて楽しい・癒される・気持ちのよいまるで好きな恋人と一緒にいるような空間を提供することが重要なのです。
断言致しますが、これさえ出来れば当店では間違いなく稼げます!

 

よく風俗だから適当に接客をするキャストがいますが、風俗だからこそ真面目に接客する必要があります。
お客様は数万円という大金を支払って呼んでいますので当たり前ですよね。
どんな時代になっても、このサービス精神が大事なのは変わりません。
「風俗は稼げない」と思い一歩を踏み出せない方、当店「ランジェリー煌き」で頑張ってみませんか?

 

★☆求人・各種お問い合わせ★☆

電話 :【宇部本店】 080-5231-9996   (24時間受付)

:【山口店】 080-5750-5454    (24時間受付)

メール : lingerie.ube@ezweb.ne.jp   (24時間受付)

LINE:final.group8008

オフィシャルHPはこちら  宇部店  http://www.clickpx.com/ 山口店 http://www.sexpartnerim.org/

只今、業務拡大中につき、 男性スタッフ、ドライバー同時募集中!

Share it: